2015年10月09日

渋い奴が死んで、甘い奴が生き残る

9月の台風15号の影響で、栗の木が折れたり・実が落ちたりして、収穫は例年の三分の一だったそうな。
農業とは自然との闘いでもあるんだよな〜ぁぁぁ。
で〜つ、柿はどうなったかちゅうと、摩訶不思議。おいらん家の渋柿は全滅である(実が落ちてしまいました)。ところが、甘柿は・・・、
P1050587.JPG柿.jpg
台風に堪えて・堪えて、鈴生り状態である。
渋い奴が死んで、甘い奴が生き残ったのである。人間とは真逆ではなかろうか・・・。
で〜つ、この甘柿、誰が喰らうかちゅうと「カラス・カラスさん」なんである。
連射式にセットしたカメラで喰らうところを収めたいんだが、なかなか・どうして、おいらがいると、近寄ってくんない。臆病者ちゅうよりも、慎重派なんだろう。
   渋よりも 甘い奴が 生き残る(柿が教えてくれました) 

posted by 松つあん at 19:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記